八鹿酒造株式会社|YATSUSHIKA SHUZO

八鹿の歩み|INFORMATION

杜氏と蔵人たち

酒づくりは、心づくり。その一滴一滴に銘酒八鹿の伝統が生きる。
受け継がれる技術と心
常に本物だけを追い求める執念ひと筋。この地に魅せられた先達の志を源とし、酒造りの信念が時とともに熟成されます。酒造りに恵まれた環境を充分に生かせるのは人間の熟練された技です。仲摩鹿太郎に代表される歴代の杜氏達が研鑽を重ね、培った技術と執念は連綿と受け継がれ、本物と呼ばれる清酒八鹿は醸されるのです。

「作業する職人」写真

杜氏とは
杜氏(とうじ)とは、日本酒の醸造を行う際の責任者の役職のことを指します。杜氏の仕事は、蔵の管理や醪(もろみ)の仕込みと管理などですが、すべての酒造技術面のエキスパートであるばかりでなく、統率力、判断力、管理能力に秀でた人格者、ジェネラリストであることが要求されます。
八鹿の職人たちの写真
清酒課の人びと(前方中央/杜氏:堀 裕幸 後方右端/副杜氏:後藤 清久)


お酒は20歳になってから、美味しく適量を。妊娠中・授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響する恐れがありますので気をつけましょう。飲酒運転は法律で禁止されています。


八鹿酒造株式会社
〒879-4692 大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地 TEL.0973-76-2888 FAX.0973-76-3071
フリーダイヤル:0120-39-8240


Copyright (C) 2007 YATSUSHIKA BREWERY Co.,Ltd. All Rights Reserved.