八鹿酒造株式会社|YATSUSHIKA SHUZO

八鹿の歩み|INFORMATION

八鹿酒造について

酒づくりは、人づくり。その一滴、一滴に銘酒八鹿の伝統が生きる。
酒造りには、豊かな自然環境をはじめ、美しい水、空気、そして人の技術と精神が必要です。これは人間の心をつくることと同じであると私達は考えます。より美しい酒を造ろうとすれば、より美しい心をつくらねばなりません。八鹿の酒の一滴一滴には、そんな心がこもり、豊かに静かに芳醇な味わいを醸し出します。


歴史:時の恵み

創業は元治元年(げんじがんねん/1864年)、美しい九重連山を源として湧き出る伏流水、その豊かで清冽な水が流れ込む玖珠盆地で八鹿酒造は起った。当時の名は「舟来屋(ふなこや)」。九州で現存する最古の鏝絵(こてえ)が描かれた当時の仕込蔵が、今でもその歴史を物語っている。
「舟来屋」写真
屋号を形どった鏝絵


自然:地の恵み

九州九重の恵まれた気候風土、そして水と空気の素晴らしさに惚れ、この土地の大いなる恵みにふさわしい酒造りを志し、激しいまでの情熱によって清酒八鹿は生まれた。
「九重風景」写真
龍門の滝


技法:神の恵み

酒造りの精神は武士道に通じるものがある。常に神が傍にいて、その心を見ているからである。酒は人が神に仕えて造るものなのかもしれない。
「作業風景」写真


職人:神の恵み

妥協を許さぬ酒造りの信念は優れた杜氏の手と心によって代々受け継がれ、それは時を重ねるごとに熟成され、理想の酒造りへと近づく。今日も『仁壽』を旨とし、美しい酒造りは、美しい心づくりであるという精神の下、まっすぐな酒造りに取り組んでいる。
※ 仁壽…仁徳があって命が長いこと。
「作業風景」写真



お酒は20歳になってから。お酒は美味しく適量を。妊娠中・授乳期の飲酒は控えましょう。飲酒運転は法律で禁止されています。


八鹿酒造株式会社
〒879-4692 大分県玖珠郡九重町大字右田3364番地 TEL.0973-76-2888 FAX.0973-76-3071
フリーダイヤル:0120-39-8240


Copyright (C) 2007 YATSUSHIKA BREWERY Co.,Ltd. All Rights Reserved.